AGA治療の副作用は!?本当に性欲が衰えるの?




AGA治療を行う時に気になるのが薬による副作用だと思います。

AGAはプロペシアかザガーロのどちらかを毎日服用することで毛が抜けるのを抑え、ミノキシジルの錠剤(通称:ミノタブ)を飲んで発毛させるのが、定番の治療方法です。

ですが、バファリンでも副作用があるようにそれぞれどの薬にも副作用があります。

そこでこれらの薬の副作用と私が実際に飲んで体に起きた症状をご紹介します。

プロペシアの副作用

プロペシアは日本で2005年に承認、販売が開始された内服タイプのAGA治療薬です。AGAの進行を遅延する効果を持っており、AGA治療専門クリニックや病院で処方されています。

元々は前立腺肥大や前立腺がんなどの治療に用いられていましたが、のちに使用していた患者に毛髪の成長が見られたため、AGA治療薬として使われるようになりました。

プロペシアの主成分フィナステリドには、毛乳頭細胞内にある還元酵素であるⅡ型5α-リダクターゼの働きを抑える効果があります。

5α-リダクターゼは、男性ホルモンの一種テストステロンと結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化し、AGAの症状を引き起こします。

5α-リダクターゼの働きを妨げることで、薄毛の原因であるDHTの生成が阻害され、AGAの進行を遅延することができます。

このプロペシアには「リビドー低下(性欲減退)」「ED(勃起機能不全)」といった副作用が発生する恐れがあります。

プロペシアの副作用と発生率
• リビドー低下(性欲減退) …1.1%
• ED(勃起機能不全)…0.7%
• 射精障害 …0.4%
• 精液量減少 …0.4%

出典:プロペシアに記載されている内容から

ですが、これらの発症率は1%あるかないかの確率です。

これを大きいと見るか少ないと見るかは個人の見方によるのですが、一般的に問題ないレベルだと思います。(その有効性と安全性が厚生労働省に認められている国内承認薬です。)

また、子づくりに影響が出るのか?という疑問ですがこちらも全く問題ありません。

服用しても無事に子宝を授かった男性の方は結構いらっしゃいます。

ただし、女性がプロペシアを服用することは厳禁です。経皮吸収されるため触ることもNGです。

妊娠中の女性が服用すると、男児胎児の生殖器の発達が正常に行われない危険があります。授乳中であっても男児が母乳から成分を摂取してしまい、この場合も危険です。

とにかく女性には触らせないようにしましょう。

ザガーロの副作用

ザガーロ

ザガーロは2016年発売された新薬で、最近ではプロペシアよりも効果があるということで少し高いですがこちらを治療薬に使われるケースが増えています。私もプロペシアからオススメされてザガーロに切り替えました。

ザガーロの主成分デュタステリドと呼ばれるもので、プロペシアの主成分フィナステリドの効果はⅡ型の5α-リダクターゼの働きを抑えるのに対し、デュタステリドは5α-リダクターゼのⅠ型とⅡ型の両方に作用します。

また、Ⅱ型5α-リダクターゼを抑える効果はプロペシアの3倍だと言われ、より強力に薄毛の進行を防止する効果があり、発毛効果が期待できることでも注目を浴びています。

ザガーロの副作用はプロペシアとほぼ同様の副作用がありますが、プロペシアよりも効果が強いためなのか発症率もプロペシアの2〜3倍高いです。

ザガーロの副作用と発生率
• リビドー低下(性欲減退) …3.9%
• ED(勃起機能不全)…4.3%
• 射精障害 …1.3%
• 精液量減少 …0.9%

私自身40代にもなると20代〜30代前半のような性欲はなく落ちてきました。それがザガーロの影響なのかはわかりません。(恐らく年齢かと思います。)ですが女性との行いは薬を飲み始めたからといって、出来なかったことはなくいつも通り問題ありません。

もし、まだ20代や30代前半で心配な方はプロペシアの方が副作用リスクは低いのでそちらが良いのかも知れません。
そのような事はクリニックの先生と相談して処方してもらったら良いかと思います。

ちなみにザガーロもプロペシア同様、女性に影響を与えるので絶対に触らせないようにしましょう。

ミノタブ(ミノキシジル)の副作用

薄毛に効果大!ミノキシジルの錠剤、通常ミノタブ

元々は血管拡張薬として、高血圧患者の血圧を下げる薬として使われていました。患者に投与を続けていたところ、髪や体毛が濃くなったことが確認されてから、発毛薬として使われるようになりました。

ミノキシジルの効果は「血管拡張効果で毛乳頭に栄養素を届けやすくする」ことと「毛包に直接作用して毛母細胞の細胞分裂を活性化し、髪を長く、太く成長させる。」の2つがあげられます。

事実、私も飲んでいましたが髪が太くなりフサフサになります。

ですが、同時に副作用があります。

ミノキシジルの副作用
• 動悸
• めまい・立ちくらみ
• 低血圧
• 顔や足のむくみ
• 多毛症

動悸についてはミノキシジルの血管拡張効果によって起きる可能性がある副作用です。

私もミノキシジルを飲んでいた当時心臓がドキドキするのを感じました。最初の1〜2週間は飲んでから20分くらいはドキドキが続きました。

めまい・立ちくらみ、低血圧、顔や足のむくみも動悸と同様にミノキシジルの血管拡張効果によって起きる可能性がある副作用です。

私はあまり感じなかったのですが、動悸はすごく感じたので単に気づかなかっただけかも知れません。

多毛症は発毛効果が頭髪以外に作用して体毛が濃くなってしまう副作用です。手や指の毛、足の毛、全身の毛など、人によって濃くなる部分は様々です。この副作用が発生する確率は8割とかなりの人が発症します。

私も指の毛や頬の産毛などがかなり濃くなりました。実際1年程度ミノタブを服用しましたがあまりに濃くなったのでやめました。

ただ、薬をやめると同時にフサフサだった髪の毛も徐々に細くなってきます。

ミノキシジルを辞めた経緯は以前、ブログにも書きましたのでご参考ください。

体験者は語るAGAとミノキシジルの副作用とやめた理由

2018.08.15

まとめ

以上が私のAGA経験も踏まえた副作用です。

プロペシアによる性欲減退の副作用は有名ですが、これは噂ばかりが先行していて実際に発症している人はほとんどいないと思います。実際、私も服用して3年立ちますがまだまだ現役です。

ですが、ミノタブによる多毛症の症状は私にも発症しました。

ただ、髪の毛への効果も抜群です。

ですので実際、効果と副作用はトレードオフの関係になると思いますのでもし、髪の毛をフサフサにしたい方はまずはミノタブを試してみるのがいいかと思います。

実際、命には関わらないし、いつでも服用を止めることはできますので。

TVCMでも有名な湘南美容クリニックは月々1800円〜AGA治療が受けれます!↓

 

日本全国でAGAを扱っているクリニックです。若ハゲがかなり進行している方はAGA以外の施術のご紹介もあります。↓



 

                     




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です